• HOME
  • 出発までの流れ
  • 留学したい国
  • 各国ワーホリビザ情報
  • 0円ワーホリ
  • 0円留学手配

ニュージーランド ワーキングホリデー(ゼロホリ) 体験談(大越さん)

更新日:2018年01月16日


ワーキングホリデー体験談

2017年5月からニュージーランドでワーホリ生活をしている大越さんからアンケートを頂きました!

ニュージーランド渡航前直前にBBQ交流会に参加してくださいました。

ローカルのお店で働かれているなんて素晴らしいです!その調子で楽しんでくださいね(^^)

お名前 大越さん
出身 東京都
渡航時期 2017年5月
渡航国/都市 ニュージーランド/オークランド
写真 IMG_0985
海外生活を実現して良かったことなど感想をお聞かせ頂けますか? わたしにとって海外に来てよかったことしかないと言っても過言ではないので、あげきれないですが、まずは日本にいたら出会わなかったであろう人たちと出会い、友達になれたことです。語学学校の友達はもちろん、フラットメイト繋がりで友達の輪が広がったり、職場繋がりや、旅行中に仲良くなったり、出会いはどこにでもありました。みんなバックグラウンドや文化が全然違ったりするので、ニュージーランドにいるけれど、たくさんの国のことを知る機会が多いです。また、自分の国のことを話すことも多いですが、逆に海外からみた日本のイメージを知ることも多かったです。そんなふうに思われてたのかとびっくりすることも多々ありました。

また、今は接客業で働いていますが、ローカルのお客様相手でもちろん英語でコミュニケーションをとるので、日々格闘です。聞き取れないと嫌な顔をされることもあるので、悔しいこともあります。だけどそれよりもお客様と英語で短いけど会話したりするのがやっぱり楽しいです。

これから海外生活を始めようとする人たちへアドバイスはありますか? なんのために海外へ行くのか、明確な目標は必要です。目標は書き出して目のつくとこに貼っておくのが1番です。漠然とした目標や理由だと流されていつしか見失ってしまいます。それで帰国してしまった子や、せっかく海外に来てるのに、つまらないとばかり言っている子もいました。

あとはチャレンジ精神だと思います。海外へ行くと決め、行動に起こすのも大きなチャレンジだけど、来て終わりじゃなくて来てからが始まりだから、自分から行動を起こすのが海外生活を楽しむためには必須です! 大きなことじゃなくてもいいんです。とりあえずやってみる。わたしがニュージーランドに来て始めたことは、スケボーとランニングです笑。来て知りましたが、この国スケボー人口が多いし、ちょこーっとだけ興味があったから始めてみちゃいました。あとはやっぱり海外来たら太ったから運動しようと、ランニング。仕事のあとにローカルの人に混じって走ってます笑。大したことじゃないけど、家でダラダラしてたと話す友達よりは充実した生活だと思ってます。

当社サットを利用されてみてご感想やご意見はいかがですか? 木村さんとは本当に親身になって話をしてくれていると思っています。他のエージェントさんで話も伺ったことがありますが、なんだか納得がいかないというか、腑に落ちないこともありましたが、木村さんは現実をきちんと話してくれるので、とてもためになりました。
また渡航直前に参加した交流会では実際にワーホリ行った人たちの生の話を聞くこともできたので、直前にいい話が聞けてよかったと思いました。

大越さんが利用されたゼロホリについて下記リンク先からどうぞ!

0円ワーホリサポート「ゼロホリ」