• HOME
  • 出発までの流れ
  • 留学したい国
  • 各国ワーホリビザ情報
  • 0円ワーホリ
  • 0円留学手配

フィリピン・スービック留学の魅力まとめ

更新日:2018年02月05日


犯罪率0%!最高の安全性と子供から大人まで喜ばれるスービック留学

DSC_0861

スービックは経済特別区(Subic Bay Freeport Zone)と呼ばれ、フィリピン政府が管理・関与し街の安全が確保されています。

フィリピンには他にも経済特別区と認定されている街(例えばクラーク)がありますが、唯一スービックだけが国や政府の管理下にある為、同じ経済特別区でも意味合いは大きく異なります。

この経済特別区に住む人口は3000人ほどで基本的に一般のフィリピン人は住んでいません。また街の中に警察が1500人も配置されており、つまりは2人対し1人の警察が付いているようなもので交通ルールもかなり厳しく取り締まっています。実際、当社サットアブロードのスタッフが現地視察した際、移動の車がたまたま道を誤ったときにもすぐに警察官が声をかけてきたということもありました。

市内には多くのフィリピン人が雇われています。その多くは経済特別区の外の街から通勤し働きます。就業後は決められた時間までにスービック外に出なければいけません。スービック経済特別区での就労はフィリピン人にとって給与が高く、多くの人たちがスービックで働きたいと思っています。飲食店やタクシーなど街の中でスリ等の犯罪を犯しますと一生スービックには入ることができなくなる為、誰しも犯罪をすることはありません。仮にタクシーで落とし物をしても必ず戻ってきます。もちろん拳銃を持つこともできません。

このような背景から犯罪率0%という安全性が保たれています。

留学生にとってフィリピン留学は安価でマンツーマンレッスンの魅力がありますが、一方で治安面の不安がデメリットとして生じます。その治安の不安が一切払拭できるのがスービック留学の魅力と言えます。

 

海、山、観光施設が充実のスービック

DSC_0835

安全面の高さから多くの外国人がスービックに住んでいます。日本の企業も100社ほどあり、その治安の良さを裏付けるようなほどです。

このような環境から数多くのリゾート施設があり、ダイビングやシュノーケルのようなマリンスポーツができるビーチ、トレッキングやジャングルウォークを楽しめる山々、動物園、水族館などもあります。その他にも釣り、ゴルフ、乗馬が楽しめます。

フィリピンにはジプニー(バスのような乗り物)やトライシクル(バイクの隣に乗るタクシー)と言った庶民的な乗り物がたくさんありますが、スービックではそれらは走っていなく移動手段は認可されたタクシーか巡回バスになります。その為、空気も綺麗です。留学や観光で有名なセブではフィリピン人でもマスクをするほど空気が汚れていますが、そのような心配がないので、ジョギングや散歩、サイクリングを楽しむこともできます。

セブでリゾートと言いますとプライベートビーチを持つホテルの日帰りプランで5,000円~10,000円を支払う必要がありますが、スービックでは自由に海が楽しめます。もちろんエントランス(入場)でお金を支払うところもありますが、それでも1,200円ほどです。また海に面したレストランやバーもありますから、サンセットを見ながらお酒や食事を楽しむこともできます。

 

スービックへの行き方や気候について

スービックに行く為にはマニラ空港またはクラーク空港を利用することになります。マニラ空港からは車で2時間半~3時間、クラーク空港からは40分~1時間です。クラーク空港からのアクセスが最も良いのですが日本からの乗り入れは現在大阪~クラーク間のみの為、ほとんどの方はマニラ空港を使われることになります。

留学の際は語学学校の送迎サービスがございますので、そちらを利用されると安心です。帰国時は同様の学校送迎サービスまたはスービック近郊の街オロンガポからマニラ空港行きのバスを利用することができます。

 

気候については他のフィリピン地区とほとんど同じく常夏と言えます。一部雨季(6~7月)の時期があり、その季節にはスコールのような雨が降ることがありますが、経済特別区として自然災害にも備えている為に水はけも良く冠水することはまずありません。台風もほとんど来ない地域ですから安心して留学生活をすることができます。

スービック経済特別区では隣接する地域とは別に発電所を設けている為、ブラックアウト(停電)することがありません。仮に停電したとしても自家発電も可能で災害に合うことはほとんどないと言えます。

市内は海に囲まれており、山や緑が多く、昼間は暑くても夜は冷えることがあります。何か羽織るものを持参の上、渡航されることをお勧めします。

 

スービックではどのような留学ができるか

DSC_0812

現在スービックには語学学校が数校しかございません。中でも当社サットアブロードとしてお勧めしているのが韓国資本の語学学校Keystoneになります。Keystoneは州立の大学Bataan Peninsula State University(BPSU)の付属センターとしても認可されており、語学学校Keystoneで学んだ後に大学で授業聴講や英語を学ぶようなプログラムもご紹介できます。BPSUでは留学生向けに学生寮、ホームステイ、徒歩2~3分のホテルの手配可能です。

 

Keystoneの特徴は5つあります。

  1. English Only Policy(EOP)ルールの適用(教室棟のみ)
  2. 1:1カスタマイズ(生徒の弱点や得意科目など先生と相談・カウンセリングを通して効果的な学習を支援)
  3. 講師のフィードバック及びスキルアップ(スタッフが毎クラス講師のチェック、講師の定期研修や毎月のテストを実施)
  4. 学生の管理システム(全生徒の学習状況や相談等を月8回レポート)
  5. 英語脳の作り方をふまえての教育やカリキュラム

一般的な英語コース以外にもTOEICやIELTSコース、ワーホリやビジネス向けのコース、ホテルでのインターンシップ(学校オーナーによる面談の上)、親子留学プログラムがございます。

Keystoneの学校周辺はジョギングや散歩をするのに適した環境で、息抜きに体を動かしたいという方にも最適です。

 

スービックの写真集

どことなく日本の風景に似ているような山沿いの道

DSC_0817DSC_0818DSC_0819

ナイトサファリツアーがある動物園

DSC_0820DSC_0825DSC_0826

様々なビーチリゾートがあり海はとても綺麗

DSC_0829DSC_0830DSC_0834

DSC_0836DSC_0837DSC_0841

ショッピングモールにはペッパーランチやユニクロもあります

DSC_0848DSC_0849DSC_0850

DSC_0854DSC_0858DSC_0860

 

<フィリピン留学について随時相談受付中!>

一からフィリピン留学を知りたい!他社の見積やアドバイスを比較したい!

お見積または留学相談のいずれかをご利用頂けます。

mitsumori soudan