• HOME
  • 出発までの流れ
  • 留学したい国
  • 各国ワーホリビザ情報
  • 0円ワーホリ
  • 0円留学手配

フィリピン・バギオ語学学校BECI 学校データ

更新日:2017年07月20日


フィリピン・バギオ語学学校BECI

◆定期的な留学相談で徹底の学生サポート

◆エアコンいらずのグリーンバレーに滞在

◆同じミスをしない為進捗や弱点をノートで管理

12971060_1739981719580013_514972763905628991_oPA040155PA040124

 

BECI基本データ

住所
Green Valley,Dontogan st,Baguio City
学生定員 200名
国籍比率
日本:約25% 韓国:約38% 台湾:約17% ベトナム:約11% 中国:約7% 他:約3%
日本人スタッフ
常駐
学校設備 食堂・売店・自習室・バスケットコート・マッサージルーム(有料)・ジム・卓球
プログラム
スピードESL・スパルタESL・TOEIC(点数保証有)・IELTS(点数保証有)
授業時間 スピードESL(1日450分)
1対1=4コマ(200分)・グループ2コマ(100分)・ナイトクラス3コマ(150分・自由参加)
部屋タイプ 1人部屋・2人部屋・3人部屋A・3人部屋B・4人部屋・6人部屋
外出 門限の範囲内で外出可能(スパルタESLは平日外出不可)
Facebook BECI公式Facebook
スタッフ訪問記 フィリピン・バギオ視察報告2016年10月

 

BECIの特徴

語学学校BECIは2002年に開校し現在に至るまで多くの日本人生徒を受け入れてきました。

2016年5月に新校舎に移転。綺麗でリゾート感があり開放的な学校になりました。

BECIは学生サポートの充実さが評判で、常に個々の生徒を気にかけて勉強の進捗や弱点を把握して英語力をつけることができます。

また一般英語のESLコースの中でも様々なカリキュラムがあり豊富ですし、ナイトクラスでは日本人講師から英文法を学ぶことが可能です。特に初心者に方は基礎的な英文法を理解する際に英語で英文法を学ぶのは困難と言えますので、日本人講師から学ぶことができるのは非常に特徴的です。

BECIは担任制を用いており、担当の先生が生徒さんの状況を把握してるのも嬉しい点です。

2016年10月から新たにバリスタプログラムを新設。通常のESLプログラムに6,000ペソ(約15,000円)で追加受講が可能です。月曜~木曜の1日1時間を4週間かけてバリスタの基礎から実践まで学ぶことができます。講師は実際にホテルで働いているスタッフで、プログラム修了後はホテル発行の修了証をもらうことができます。

BECIバリスタプログラム (PDF)

 

BECI学校料金

BECI料金表[2017年11月1日から適用] (PDF)

 

 

★現地で発生する費用

1ペソ=約2.7円

 

項目 料金 備考
SSP 6300ペソ Special Study Permit/フィリピン語学研修許可証 発行必須
ACR I-Card 3300ペソ 59日(8週間)超過滞在する場合発給必須、2011年2月フィリピン全地域で施行
寮保証金 3,000ペソ
教材費 1,000/4週
電気/水道代 2,000ペソ/4週
ビザ延長費 下記参照

 

<ビザ延長費用>

・31日~8週間まで:3140ペソ
・9~12週間まで:4410ペソ
・13~16週間まで:2440ペソ
・17~20週間まで:2440ペソ
・21~24週間まで:2440ペソ

 

BECI紹介動画

 

<フィリピン留学について随時相談受付中!>

一からフィリピン留学を知りたい!他社の見積やアドバイスを比較したい!

お見積または留学相談のいずれかをご利用頂けます。

mitsumori soudan

 

サットアブロードスタッフ訪問時の写真

PA040090PA040091PA040093

PA040094PA040104PA040106

PA040111PA040115PA040119

PA040120PA040136PA040135

PA040123PA040130PA040138

PA040158PA040149PA040150

PA040145PA040144PA040148