• HOME
  • 出発までの流れ
  • 留学したい国
  • 各国ワーホリビザ情報
  • 0円ワーホリ
  • 0円留学手配

フィリピン・バギオのスクールトリップ

更新日:2017年02月21日


日頃の勉強でストレスを感じたらスクールトリップ(学校主催の小旅行)で発散!

今回バギオ留学をされた神戸さんにご協力頂きスクールトリップについて記事を書いてもらいました。「バギオは遊ぶところが少ないって聞いたんですけど…。」と言うのは嘘です。

ちゃんと楽しむことができますよ。ぜひ記事をご参考にバギオ留学をご検討してみてくださいね。

 

私は2016年8月~2017年1月までフィリピンのバギオにある語学学校MONOLに留学しました。

その間に体験した語学学校MONOLで実施されているスクールトリップについてご紹介したいと思います。MONOLには専用のバンがあり、専任のドライバーさんが2週間に1度くらいの頻度で、土日と希望した生徒を乗せて遠方へ連れて行ってくれます。

スクールトリップの概要については開催日の約1週間ほど前に校内にスケジュールが貼り出され、希望者を募ります。希望者は指定された日時までに各国のマネージャーに申し込みをし、所定の金額を払います。約300~500ペソ(日本円で750~1250円ほど)

 

当日は集合時間に学校の正面口に集まり、参加者が集合しましたら出発です。

私はサーフィンに挑戦ができるSeabayに2度参加しました。Seabayにはインストラクターもいるため、サーフィン未経験者でも波に乗ることが出来ます。

image2

 

スペイン統治時代の歴史都市ビガンに1度行きました。

ビガンはコロニアル建築で有名な街だそうで、新世界七不思議としても認知されているそうです。まさかそんな歴史があるなんて日本を発つ前は全く知りませんでした…。ここでは馬車に乗ってスペイン統治時代の街並みを見ることが出来ました。

image

image3

 

スクールトリップ以外でも仲の良い友人達とバンを借りてハンドレッドアイランドと呼ばれる島がたくさんあるリゾート地に行ったり、山の上にあるカフェへ日の出を見に行ったりもしました。スクールトリップの良いところは自分達だけではなかなか行けない遠方に連れて行ってもらえることと、新しい友人と知り合えることだと思います。

登山や温水プールなど様々なスクールトリップが開催されていましたので、MONOLへ留学された場合は是非参加してみてください。